2011年10月23日

最後の夜、飼い主からのお願い

明日10月24日の午後3時より
動物霊園にてお別れセレモニー、そして荼毘に付します。

今日は予約が一杯でした。
まりんさんはどうやらもう一晩おうちで過ごしたいようです。


まりんさんはいつもの場所でものすごく穏やかな表情で眠っております。
本当に良い表情です。超美人な寝顔です。


まりんさんと過ごせる最後の夜。


そんな夜にちょっとだけまりん飼い主からのお願い。


このブログを読んで今まで応援して下さってる方で
闘病中のわんちゃんねこちゃんの飼い主さま

どうかまりんさんの姿をあなたのわんちゃんねこちゃんに重ねないで下さい。
もしかしたら?と不安にならないで下さい。

あまりにも不安な気持ちになられますと
まりんさんもきっと困るはず。

どうぞ荼毘に付すまりんさんを困らせないであげて下さい。

無理な事かと思いますが、無理を承知のお願いです。

そしていつもより少しだけ長くナデナデしてあげて下さい。
まりん飼い主からのお願い。




さて。

私はこれからまりんさんとの女子会の続き。

女子会っていっても・・・
人間の年齢に換算したら年金もらえそうなまりんさんと
三十路も半分少々過ぎた飼い主との女子会だけど。
女子と言うには微妙な一匹と一人だけど。
今日くらいは「女子」って言っても許されるはず!


さー飲もう!



あ。

まりんさんはワイン(赤・白)、ハイボール、カクテル類が飲めるワンコでした。
ビールはダメでした。

もちろんヒト舐め程度ですよ。
いや、ヒト舐めでも本当はダメですが(笑)


酒粕も好きで、粕汁作る時はいつも少しだけ食べてました。

ホント何でも食べる食いしん坊ワンコでした。

もう1回、寒い季節がやってきて、酒粕食べさせてあげたかったなぁ。。。


そんなまりんさんがなぁ。。。








悲しいなぁ。。。。コノヤロー!



いつもはランキングなんてどーでも良いやと思っていたけれど
今回だけ愛犬ちゃん・愛猫ちゃんをナデナデする前にポチっと押して帰って下さい。
女子会して酔っ払いの微妙な年齢の飼い主が小躍りして喜びます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


posted by まりん飼い主 at 23:46| Comment(9) | その後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

とりあえずのご報告

本日10月22日午後3時50分頃、自宅にて息を引き取りました。

午前中は自分でトイレにも行き、呼びかけにも反応していました。

夜になったら病院へ行き、今後の治療方法について担当医と相談する予定でした。

午後3時頃から呼吸が今までになく苦しそうな感じになり
そのまま息を引き取りました。


いつもブログを読んで頂いてた方
コメントを下さった方
メッセージを下さった方
ウェブ拍手を下さった方

たくさんの方々に気に掛けて頂いてまりんさんはシアワセだったと思います。
ありがとうございました。


まりんさんの頑張った記録として
後日もう少しだけいろいろ書きたいと思っております。
今しばらくこのブログにお付き合い頂ければ幸いです。



元気な頃のまりんさん。
marin162.PNG
まりんさんは世界一カワイイ!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


posted by まりん飼い主 at 20:26| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まりんさんのこれからについて飼い主は悩む

お外は気持ちが良いね〜
marin158.JPG
と玄関先で何やら物思いにふけるまりんさん。

20日の昼の写真。


やっぱりお庭は楽しいよー
marin159.JPG
とお庭で少しお散歩まりんさん。

21日の写真。



21日金曜日
点滴に行って来ました。
投与薬は一昨日と同じ。インターフェロンと肝臓の薬、ステロイド、吐き気止め。

だるさを軽減させるための飲み薬(1日2回)を頂きました。

日に日に動くのがおっくうになってるまりんさん。
でもちゃんとトイレは外に行きます。
トイレに行きたい時はアピールします。
ほとんど食べないけれど、そんな元気はあります。


でも病院で診察室から車まで戻るのがおっくうになってきたようです。
必要以上に動くのが少し苦痛みたい。


そんなまりんさんを見てると、点滴へ病院へ行くのも控えた方が良いのかな?なんて考えてしまいます。
点滴は少しカラダが楽になるだろうけど、なんの解決にも治療にもなってない訳で。。。


病院まで片道30分、診察に1時間待ち。
まりんさんからすればかなりのストレス。

一昨日から私が外出時に吠える事がなくなりました。
元気な頃は私が外出しようとすると「いかないでーーー!」とばかりに噛み付かれたりしたものです。

(まりんさんは2歳から我が家で引き取ったワンコで、飼い主に置いて行かれるということが
 必要上に不安になるワンコでした)

そんなまりんさんが吠えないというのは、私が思う以上に苦痛を感じているんだなと思うようになりました。



しばらくは自然治癒力を信じて、極力体力は使わない方向で過ごさせた方が良いのかな?

もしまりんさんに今以上の治癒力がないとしたら
残りの時間は少しでもストレスを軽減させる生活をした方が良いのかな?


今、いろいろ悩んでます。



担当医いわく、肝臓以外への転移もしてると思われるとのこと。
内臓が圧迫されて食欲がわかないんだろうと。


何をどうする事がまりんさんにとってベストな選択なのか。
悩むばかりです。



諦めたという訳ではもちろんないです。

まりんさんと一日でも長く一緒に居たいです。

でも辛そうに日々過ごす時間ばかりが過ぎるのも不本意な感じ。
ある程度元気だったり、苦痛を軽減しつつ生活したいと思って
抗がん剤による延命を望んで治療していたわけですし。。。



あー。なんか支離滅裂。

国語力も語彙力も知能指数も低めな私ではありますが
書く事によって思いを整理できるかなと書いてみましたが
やっぱり何も整理できず、支離滅裂。



以前うさぎを飼っていた時、今行ってる病院の院長先生に
「どんな治療を選んでも多かれ少なかれ後悔はすると思います。
 どうすべきか悩んで考えてあげる事がペットとしてはシアワセな事だと思いますよ」
そんな話をしてもらいました。


もう一度まりんさんにとってのシアワセ、まりんさんにとっての快適な過ごし方
まりんさんにとって残された時間の有意義な過ごし方を考えてみたいと思います。




今の食欲不振で黄疸が出てる状態が治ったとしても
もしかしたらもう長くはないのかもしれない。
いや、元々のリンパ腫の生存率を考えればなんとも。。。ね。。。

でももう少しだけ私にとって手のかかるワガママ娘で居て欲しい。

頑張れまりんさん!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


posted by まりん飼い主 at 03:07| Comment(3) | つぶやき的な日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。